エントリーはどこで入ったらええんじゃ〜

image

おっはようござんす

 

 

駅のホームにいたら

どこからか金木犀の香りが

いい匂い♪(´ε` )

 

 

金木犀の花言葉知ってる?

 

 

「謙虚」「気高い人」

なんだって

 

 

あの強烈な芳香から

「謙虚」は連想しないけどな(笑)

 

 

めっちゃ主張してくるやん

 

 

まぁ、しかし

秋ですね〜

 

 

では、FXの話

 

 

今朝、ふと思い出した

そういや、勝てない頃って

とにかく勝ってる人はどこで入ってんだろう?

 

 

ってことばっかり気にしてた

ブログからチャート画像ダウンロードして

保存して印刷して…

 

 

暇さえあればチャート眺めて

どうしてここで入れたんだろう?

どうやったら同じ所で入れるんだろう?って

 

 

でも今、考えると

エントリーなんてそんな重要じゃねーなと

 

 

むしろエグジットの方が重要だったりする

 

 

なんの優位性もない所でも

価格なんて上下に振って動いていくわけだから

ちょっと利益になった所で利食えば

勝ちは勝ちだからね

 

 

上がると思えば買って

下がると思えば売る

違ったらすぐに切る

 

 

 

側からみたら

いいの?そんな所で入って

みたいな所をバンバン入って

 

 

月に1億とか稼いでる人もいるわけだからな〜

 

 

本当、相場って奥が深ぇーわw

ん?相場じゃ無いか…

トレードか…

いや、どっちもか(笑)

 

 

よくFXはギャンブルじゃありません

って言ってる人、見かけるけど

 

 

いやいや

ギャンブルでしょ(笑)

 

 

…あくまでも僕個人の考えねd( ̄  ̄)

それは違うって意見もあって当然

 

 

ギャンブルじゃないです

投資だと思ってやってます!

 

 

それはそれでええと思います

 

 

ただ僕が思うに

先がどうなるか分かんないものを

丁か半か

ってやるわけだから

ギャンブルと一緒やなってね

 

 

どんなものにもリスクはつきもの

 

 

利益になるかもしれないし

損するかもしれない

 

 

株でもFXでもパチンコ、競馬

なんだって一緒

 

 

それこそ人生だってギャンブルじゃんw

 

 

先が見えるって人がいるんなら

そいつの人生つまらんやろな

 

 

自分だけが先を見通せるなんて

そんな都合のいい事にはならんのよ

 

 

自分が先見通せるなら

他人も見通せる

 

 

未来が分かったら取引が成立しなくなる

 

 

先が分からないから人生は楽しいんであって

 

 

先が分からないから相場が成り立つ

のだと思うんよね

 

 

綺麗事言って生き残れるほど

甘かない世界だってのは骨身に沁みてるはず

 

 

自分たちがやってることは

ギャンブルなんだよ

 

 

で、そこで生きてく

そこで利益を上げていく

そうして自分の世界を変えていきたい

と思ってるなら

 

 

生半可な覚悟でやらない方がいい

喰うか喰われるかだもん

 

 

僕の尊敬する人が言ってた

 

 

プロがそれこそ半端ない覚悟で

シノギ削ってて

騙し騙されの世界で常に牙を研いで

待ち構えてる

 

 

そこに

知識も中途半端、なんの覚悟もない

素人がのこのこやってきたら

喰われるだけ

 

 

自分がどっち側の人間か

ちゃんと認識した方がいいよ

 

 

ギャンブルしてんのに

投資って言葉に自分のやってる事を

誤魔化しちゃあかん

 

 

安定、確実って言葉から

程遠い世界にいるってこと理解しなきゃ

 

 

真剣さが無いっていうか

…そうだなぁ、覚悟がないんだろうな

 

 

っと…

また違う話になっちゃったなw

 

 

題名と全然違う内容やな

まぁ、いつもの事か(笑)

すんません(´・Д・)」

 

 

さてと

 

 

丁か半か

表か裏か

上か下か

買いか売りか

 

 

 

ギャンブラーの皆さん

今日も1日、頑張りますかー

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. ぶははははwwww

  2. 潜在意識と顕在意識を使って情報の取る方法

  3. 情報発信していくということ

  4. だめだこりゃ、次行ってみよう!

  5. 12/19 GBPJPY EURJPY

  6. 検証 #01

  7. 『負けました』といって頭を下げる

  8. 行動する人しない人、行動しても持続する人しない人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。