FXトレードでファンダメンタルは重要なのか?!

gahag-0113014192-1

 

こんにちは
HIROです

前の記事でこのブログページに
今週の経済指標がチェックできる
ページを追加したことについて書きました

そこの記事にも書きましたが
僕らはファンダメンタルそのものを気にしていません

しかし、ファンダメンタルについて
ひとつだけ気にしていると言えば

経済指標や要人発言が何時に始まるか?

ただそれだけを気にしています

私たちのジェネシス手法のルールとして

「経済指標や要人発言の前にはトレードは控える」

という項目があります。
つまり、このルールを厳守する為にだけに
ファンダメンタルを利用しています

僕たちと同じルールを決めている人は多いと思います

経済指標や要人発言前にトレードを控える理由

経済指標や要人発言の前に
トレードを控える理由は

テクニカル(手法)が全く機能しないから

そもそも、テクニカル分析は主にチャートによって
為替相場の動きを分析するものであって
分析結果によってこれから先の価格の動きを
検証によって得られた確率と統計から推測するのが目的

 

経済指標が市場の予測を上回るのか?それとも下回るのか?

要人が価格にどのような影響を与える発言をするか?

そんな事を事前に知ることは、我々一般投資家には不可能

 

テクニカル分析の目的はチャート分析によって
先の値動きを推測するものですよね

 

経済指標の数値や要人発言の内容は
チャートによって分析できない

唯一僕たちが知りうる事実は
過去に、発表された数値や発言内容によって
値が大きく動くという事だけ

 

テクニカルが効かないって分かってて
値が大きく動く危険性があるならば
トレードをしない選択が賢明です

 

そんなこと分かってるよ…
と言うあなたの心の声が聞こえてきます(笑)

ファンダメンタルは既に織り込み済み

そして、もう一つ重要なことは

 

僕たちがそれらの情報を知った時には
既にファンダメンタルズは
チャートに織り込み済みとなるってこと

 

「市場の動きは全てを織り込む」

 

全てが織り込み済みとなったチャートを見て

何が原因で値が動いたのか?

なんてこと知ったところでこれからの先のトレードには
何の影響も及ぼさない事を理解した方がいい

 

僕らは今後、経済がどうなって為替がどう動くか
予測を立てるアナリストでも評論家でもない

 

アナリストや経済評論家って
どうやって分析してるんだろう?

俺なんて5分先のチャートがどうなってるか
推測する事すら困難なのに^^;

 

1年先の経済状態はこうだとか

為替は何円まで行くと思うとか

あの人たちって超能力的な特殊能力もってんのか?

 

uranai

 

アナリスト達は好き放題
言うだけ言ってもし当たってたら

「カリスマ」的に扱われて本とか出して

がっぽり印税生活してんだろーなと思う

 

アナリストや評論家がどんな予測してたなんて
外れたことは誰も追わないからね(笑)

彼らこそ本当のギャンブラーなのかもしれんな

あ、話がそれてしまった…

 

FXトレーダーの目的はお金を増やすこと

僕らはFXトレーダー

目的は口座残高を増やし続けること

目の前のチャートの動きは既に全て織り込まれている
事が理解できていれば、価格が上下する理由に
関心を持ちすぎるのはナンセンスだ

目的を達成する為には

①自分の手法を検証する

②検証によって利益が残ると確信できる数値的データを得る

③手法のルールに従って淡々とトレードを繰り返す

僕たちにできる事は目の前で動いているチャートをみて
検証から得られた確率と統計のデータから
値動きの方向を推測できるサインが出たらエントリーする

予想と逆に値が動いたらルール通り手仕舞いする

予想通りに値が動いてもルール通り手仕舞いする

これをひたすら繰り返すだけ

ずっと同じことを言ってるけど
口座残高を増やすためにはひたすら
①から③をやるだけ

ほんとにこれしかないんだよね^^

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 女の浮気は男が悪い!と負け組の共通点

  2. 混ぜるな危険 ~ FX初心者に贈る ~

  3. 取引方法

  4. テクニカル分析って無意味なの?((((;゚Д゚))))ガクガクブ…

  5. FXで常勝トレーダーになるための考察④

  6. FXトレーダーの9割が負ける本当の理由は?

  7. リアルトレードで不安があるな○○しろ! 高校球児から学べ!

  8. 1月は正月で酒が飲めるぞ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。