FX専業目指してるサラリーマン!会社辞めるんじゃない!

こんにちは。

 
HIROです。
 
 
 
昨日は断髪、いや散髪をしてきました
 
どこ切るの?ってくらい短髪なんだけど
 
耳に少し髪の毛が当たるだけで
 
不快になるので切りに行っちゃう
 
 
 
ちなみに、HIROの父はロン毛で〜す。
 
よく言えば、真木蔵人って感じですわ。
 
 
 
 
僕は、ずーーーーっと同じ床屋に行ってる
 
4歳からひたすら、同じ床屋です
 
浮気することなく同じ床屋です
 
 
 
 
床屋は一途なのに
 
昔はFXの手法やルールはよく変えてたな〜
 
ってこの記事を書きながら思いだしました
 
 
 
 
何でずーっと同じ床屋に行ってるのかって言うと
 
実家の隣が床屋だったってこともあるけど
 
何も言わなくても、いつも通り切ってくれる
 
 
 
 
 
人間は習慣の生き物だから
 
変化を嫌うってのもあるんだよね
 
 
同じ行動をしてると本当に楽!
 
 
 
 
 
 
サラリーマンが会社に向かう時も
 
主婦がいつものスーパーに行く時も
 
ほとんどの人が同じ道を通ってる
 
 
main_img
 
 
 
 
同じ道を通るのは本能的に安全ってわかってるし
 
ストレスを全く感じること無く目的地に到達できるって
 
知ってるからなんだよね
 
 

10年間のサラリーマン時代にしてたこと

 
 
HIROは10年くらいサラリーマンしてたんだけど
 
仕事帰りに飲みに行く店は毎日一緒
 
 
店の看板娘が目的だったとか・・・
 
 
店に入ると
 
 
「おかえりなさ~い。生でいい?」
 
 
居酒屋以外では使えないフレーズだな(汗)
 
って自動的に生ビールが出てくる
 
 
そんでもって会社の同僚が集まって
 
 
仕事の愚痴や上司の悪口
 
得意先の嫌~~~なお客の悪口
 
ノルマが達成できないかもとか
 
ボーナスが1.5カ月分しか出ないらしいとか
 
嫁が浮気してるかもしれないとか
 
 
 
 
 
めちゃくちゃ負のオーラ満載な事を話してた
 
 
新入社員の時は先輩たちが同じような話をしてるのに
 
違和感を感じてたのにいつの間にか自分も同じことしてた
 
 
 
場の雰囲気にどんどん引き込まれていったんだよね
 
 
original
 
 
入社9年目に将来の事真剣に考えて(遅いわっ!)
 
10年後をイメージしてみた
 
イメージはすぐできた
 
10年先輩を見ればいいだけ(-。-)y-゜゜゜
 
 
ヤバい事に気づいてしまったんだな
 
 
 
 
いろんな意味で疲れ切ってる…
 
 
肉体的にも精神的にも経済的にも
 
 
 
そんでもって退社を決意した
 
 
 

専業を目指すサラリーマン!会社辞めるな!

 
 
 
独身だったからすぐ行動に移したけど
 
 
妻子持ちの人はそうはいかないのわかる
 
 
今すぐ辞めない方が絶対いい
 
 
 
 
サラリーマンでFXやってる人が
 
 
「FXに専念する時間を確保したいから会社辞めます!」
 
 
って言うけど、僕は一貫して辞めない方が良いよってアドバイスしてます
 
 
 
 
行動を大きく変えるって点では本当に素晴らしいことだけど
 
リスクヘッジを考えることも重要なんだな
 
生活費をFXで稼げるようになるまでは兼業の方がいい
 
 
 
「何のためにFXをやる(やっている)のか?」
 
 
 
この目的をしっかり定めること
 
会社で言うと企業理念ってやつだね
 
 
32
 
 
これないとブレブレになって
 
いつまで経っても結果を出せない
 
 
 
この目的が決まれば後は
 
目的達成までの地図を描いていくだけ
 
 
HIROもkazuも未だにこの「目的達成の地図」を描いて
 
お互いでチェックしあってモチベーション上げてます(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
 
 
一人でずっとモチベーション上げてやり抜けるほど
 
HIROもkazuも強くないって自分で知ってるからね(笑)
 
 
 
目的地達成までの地図の書き方のコツも
 
要望があるなら教えまっせ(どっかで聞いたフレーズ)
 
 
 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. この動画にピンときたら…^^

  2. 今日のトレード 7/14 EURJPY AUDJPY

  3. 今日のトレード 7/27 GBPJPY

  4. 嬉しいご報告

  5. ドーピング検査

  6. だめだこりゃ、次行ってみよう!

  7. 1/25 GBPJPY

  8. 魔が差した飼育員から学ぶこととは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。