FXでも株でも投資で大事な本質って

Routine FX の HIROです

 

 

今日は、初心者の皆さんに

 

最も大事な本質のお話をします

 

 

どんな投資本にも書いてある「あれ」って?

 

 

FXだろうが株だろうがどの投資本を見ても

必ず「あれ」が一番大事だと書いてあります

 

 

 

なのに、投資で負けている人は誰も「あれ」が実践できません

 

 

 

 

分かっていても実践できないのが怖いところです

 

 

 

 

なので今回具体的な例を挙げてみますね

 

 

 

初心者の人には「あれ」=あたりまえ

 

経験者には「あれ」を再確認

 

してもらいたいと思います

 

 

通貨Aと通貨Bどっちでトレードする?

 

ケース1

通貨Aと通貨Bの2つがあるとします

 

通貨A(の値段)は上がったり下がったりを繰り返していて不安定

 

 

通貨B(の値段)は常に上がっていってこれからも多分上がると思われる

 

さて、あなたならどちらの通貨をトレードしますか??

 

 

 

…って聞くまでもないですよね^^;

 

 

勿論、値段の方向性が一方(上がる)に向かっている

 

通貨B」ですよね!!

 

 

 

 

上がるのか?下がるのか?分かりにくい

 

通貨Aを選ぶのは非常に危険ですよね

ここで通貨Aを選んだって言われると話が進みませんから

 

通貨Bを選んてから次に進んでくださいね!

 

 

おかれた状況で何かが変わる!?

 

ケース2

 

次に行きますよ~

 

先ほどと同様

 

 

通貨A(の値段)は上がったり下がったりを繰り返していて不安定

 

 

通貨B(の値段)は常に上がっていってこれからも多分上がると思われる

 

 

 

条件はケース1と一緒

 

 

 

しかし、同じケースでも

 

 

 


『あなたはすでに、通貨Aを保有していて、その上現在1万円負けている』

 

 

 

という場面だったらどうでしょう??

 

 

 

 

通貨Aは今は下がってるけどそろそろ反発するかもしれません

 

 

通貨Bは今でも順調に上がり続けています

あなたなら何をしますか?

 

ちょっと考えてみて下さい…

 

 

考えるのが面倒くさいっていうあなたに…

 

選択肢を3つ提示しますね(笑)

1.通貨Aを持ち続けて反転を期待して利益を狙う

 

2.Aをしばらく持って損失が0になった時点で決済して通貨Bを買う

 

3.速やかにAを売ってBを買う

 

 

ここで1又は2を選んだ方!!

 

 

あなた、矛盾してませんか??

 

 

先ほどケース1では通貨Aと通貨Bでは

通貨Bを選ぶって答えましたよね?!

 

 

(「いや言ってないぞ」って言われると話が進まないので

そこは「言った」でお願いします!www)


ケース2は、ケース1の状態と比べると

所持金が10000円減っただけで


本質的な違いは何も無い

 

という事がお分かりでしょうか?!

 

 


つまり2通貨の状況は全く同じであるのに


ポジション(=決済がまだのもの)を持ってなければ

 

正しい判断ができた…

 

既に損をしているからといってその損が0になるのを

 

いつまでも保有してしまい勝つ確率が高い方法が“見えなくなる”

 

 

 

これが初心者がもっともやってはいけない事です

 

 

 


たとえ損をしていようとも、戻る見込みが小さい(期待値が低い)ポジションを

 


「損をして終わるのがイヤだから」といっていつまでも保有していたら

 

 

損失はどんどん大きくなっていくだけです

だから、

ヤバいと思ったら潔くロスカットしましょう!!

 

そもそも

 

買う(売る)時点で

 

『いくら損をしたらロスカットしよう』

 

とルール決めておく事が必要です

そして一旦決めたルールは何がなんでも守る

これが投資で一番重要な事です!

 

 

本質を見失わないトレードが

安定したトレードに繋がりますよ。

 

 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 相場って誰が動かしてんの?

  2. 今日のトレード kazu 11/25

  3. FXで常勝トレーダーになるための考察④

  4. あとからなら何とでも言える…

  5. FXで常勝トレーダになるための考察①

  6. Kindle Unlimited

  7. 今日のトレード 5/12 GBPUSD

  8. 流れ星に願いを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。