震度7

こんにちわ

熊本の皆様、大丈夫でしょうか…

 

 

外出先から帰ってテレビ点けたら

震度7という文字が目に飛び込んできた。

 

 

次に燃え盛る炎

倒壊している家屋の映像が流れた。

 

 

地震

 

 

この日本列島において地震は

切っても切り離せない自然災害だ。

地震大国日本とも言われるぐらい

ですしね。

 

 

そもそも、地震は何故起こるのか?

 

 

地球の表面は、厚さが70~100㎞の10数枚のプレートで

覆われていて、このプレートには、大陸プレートや海洋プレートがあり、大陸や海をのせてゆっくり動いています。

 

このプレートは年に数センチずつ動いてぶつかりあい、

そうして歪みが起きて、歪みが大きくなるとプレートは元に戻ろうとしてはね返ります。このときに、地震が起こります。

 

 

そして、この日本列島の下には

4つものプレートが重なり、ぶつかっているのです。

また活断層というのも、このプレートのぶつかりによって

できあがり、この活断層も地震を引き起こします。

 

 

気象庁の発表によると活断層は

全国で2000カ所もあるそうです。

 

 

私たちの生活に地震というのは本当に身近なのだ

という認識を持たなくてはいけませんね。

 

 

地震が来ると前もって解れば良いのですが、

いつ起こるのかわかりません。

地震警報というものもありますが、今回の場合

地震が起きる3.8秒前に発せられたらしいです。

 

 

3.8秒で何ができますかね?

何か咄嗟に頭を覆うものを拾い上げる…

もしくは机の下に隠れる…ぐらいしかできなさそう

 

 

では、どうすれば良いのか?

それは常日頃から、いつ何が起こってもおかしくない

という認識のもとで行動しなくてはいけない。

 

 

トレーダーの皆さんは

もし、トレード中に地震が起きたらどうしますか?

咄嗟にポジション閉じれますか?

 

 

まぁ、このブログ読んでくれてる方なら

当然、ストップは入れていると思いますが

いつ何が起きても良い様にポジション建てたら

必ずストップは入れて置きましょう。

 

 

実は、僕がトレーダーになろうと思ったキッカケは

地震が原因でした。

 

 

5年前のあの日…

 

 

遠く離れた名古屋でも

大きな揺れを感じました。

 

 

そして、テレビでは津波

原発の爆発

 

 

決して風化させてはいけない

光景がそこにはありました。

 

 

そして、2ヶ月間という短い期間ではありましたが

僕は職を失い、無収入という状況に陥ったのです。

 

 

仕事はあるものだと何の疑いもなく過ごしていました。

家のローン、日々の生活費、

すべての出費が重くのしかかって本当に不安でした。

 

 

このまま仕事再開しなかったら…

 

 

サラリーマンの突然の解雇通告

いわゆる、リストラ

もしくは勤めていた会社が突然、倒産…

なんて経験された方と同じ心境だったのかもしれません。

 

 

そこで初めて、僕は自分の能力とは全く関係ないのに

職を失うんだと実感しました。

 

 

今とは違う稼ぐスキルを身につけなければ!

強く思い、そこでFXという選択をしました。

それがFXを学ぼうと思った動機でしたね。

 

 

今、ある事がこの先の未来も同じ様にあるとは

限りません。

職に限らず、命だってなんだってそうですよね。

 

 

人生、何が起きるかわかりません。

相場も一緒、一寸先は闇

ですから、前もって準備はしっかりして

何が起きても大丈夫な様に日頃からリスクを

想定して行動していきましょう。

 

 

…と仕事帰りの電車の中で記事を書いてた所、

飛び乗った電車が降りたい駅に止まらないという。

ほんと、何が起きるかわからん(ー ー;)

つーか、言ってる側からリスク管理できてないやんw

 

 

皆さんもお気をつけ下さいな(笑)

あ〜マジ、ツイてるわ( ̄Д ̄)ノ

 

 

 

 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 今日のトレード 9/29 GBPUSD

  2. なぜ、目標達成に失敗するのか?

  3. Don’t feel Think yourself!

  4. 今日のトレード 8/9 GBPAUD

  5. FXで常勝トレーダになるための考察①

  6. 12/7 EURJPY

  7. 今年一年の感謝を込めて

  8. 今日のトレード 1/14 kazu

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。