あなたが変われない理由

gahag-0036943120-1

 

こんにちは

 

HIROです

 

ここんところ、いろいろありまして

記事の更新が中々できませんでした

 

忙しいからできないんじゃなくて

効率的に物事処理できてないと

反省しております(-_-;)

 

このブログの目的一つに

仲間を作るってのがあるんだけど

なかなか仲間になってもらえない(笑)

 

僕もkazuもオープンマインドで

受け入れる体制万全なんだけどね

もしかして、嫌われてる!?

 

kazuは怖がられてる!?

 

嫌われたくない僕だけど

ここは変わらないといけない…

よし、「嫌われる勇気」を読みます

 

 

さてさて、今までいろんな企画で

多くの読者と触れあってきた

 

 

全員がFXでお金を稼いで

現状を打破したいという目的や夢を持ってる

目的や夢を持てるのは幸せだよ

 

世界に目を向けるとその日を

ただただ生抜く事が精いっぱいの人もいる

 

銀行口座持ってるのは僕たち日本人に

とっては当たり前のことだけど

フィリピンで銀行や電子決済の口座を保有している人は

成人人口の31%ほどしかいない

 

%e9%80%9a%e5%b8%b3

 

 

僕がアメリカにいた時

メキシカンと一緒に仕事をしていた

彼らのほとんどが違法入国者

 

命をかけて砂漠を何日も歩いて

国境を越えてアメリカに入国する

子どもや女性は砂漠で命を落とす事もある

 

国境を越えても国境警備の警察に捕まり

強制送還される危険性もある

 

一緒に働いてたやつも警察に捕まりそうになって

走って逃げて車の下に隠れて何時間も

身をひそめていたって言っていた

 

%e5%9b%bd%e5%a2%831

※国境付近の高速道路では国境を越えた

メキシコ人が飛び出してくるのでドライバーに

注意を促す看板が立っている

 

彼らが危険を冒してまで入国する理由は

もちろん「お金」を稼ぐためだ

 

しかし、現実は厳しく不法入国者の彼らは

低賃金で酷使されているのが現状

危険で汚くきつい、もろ3Kの仕事しかない

 

それでも、彼らが頑張る理由は

メキシコで稼ぐお金の2倍~数倍にもなるから

 

こんな現状を目の当たりにした僕は

日本人に生まれた事が幸せだと実感した

 

彼らからすると寝るところがあって

食べるものがあって、働くとこがあって

身の安全が確保されてることだけで幸せを感じてる

 

僕やkazu、そしてこのブログを訪問してくれる

あなたも、身の危険もなく、食べて飲んで寝る環境は

子どものころから整っていたと思う

だから、FXをやって口座残高を増やすことを考えられる

 

銀行口座持ってなければFXできないし

PCやネット環境なければ投資すらできない

 

今ある環境が当たり前だと思うと

 

「いつでもできる」

 

「いつか真剣にやる」

 

「今じゃなくてもいいや」

 

そんな感情がわき出てくる

日本はものに溢れているから誘惑も多い

 

 

重要だけど緊急じゃない

 

だからやらない

 

重要じゃないけど緊急のことばかり処理してない?

 

いつまでたっても結果が出ないのには

必ず何かの原因がある

 

その原因は人それぞれだけど

僕がブログを通じて知り合った人の多くは

なんとなく投資に向き合ってる

 

日々の暮らしに不満を抱きながらも

なんとなく生きながられてるから

どこか本気になれない

そんな気を感じ取れる

 

日本の今までの常識だけで

この先、グローバルな世界を

生きていけるのか

 

変化に対応できない種は

衰退し滅びる運命を待つだけ

 

そうならないためには

世界の情勢に目を向けて

先に手を打っておくしかない

 

あなたの希望や夢を叶えるためには

絶対にお金は必要です

 

現状に甘んじることなく

口座残高を増やす事に真剣になろう!

 

明日やろうはバカ野郎

 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 1時間後には〇〇%忘れてるのさ!だって人間だもの^^

  2. 今日トレード 7/18 GBPJPY GBPUSD

  3. 今日のトレード 8/25 GBPJPY GBPUSD

  4. FXでも株でも投資で大事な本質って

  5. しかし、落ちるの早いな…

  6. 足るを知る

  7. FXで常勝トレーダーになるための考察⑥

  8. 無限の前に腕を振る

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。