思い通りに動くと思ったら大間違い

img_3092

マ ーケットの最高のチャンスは見つけるものではなく 、だまっていても目につくものなのである 。学びの段階で 、この些細な違いが早く分かった人ほど 、資金と意志を維持しながら学びの段階を生き延びる確率が高くなるだろう 。

 

 

 

以前、紹介した本に書かれてあったのだが

まさにその通りで

これまでに幾度かお伝えした事があるかと

思うが、実際に

僕はチャンスを見つけようとしていない

 

 

 

正確に言うと

見つけようとしなくなった

 

 

 

確かに以前は

どこか入れるところは無いだろうか?

ここはチャンスなんじゃないのか?

エントリーできないだろうか?

 

 

 

という視点で見ていた

と思う…

 

 

 

と思うと書いたのは

今はそのように見ていないので

以前がどうだったのか記憶が

曖昧になってきているからです

 

 

 

だから、多分

そのように見ていたんだと思う(笑)

 

 

 

結局のところは

経験から、そのようにチャンスを

見つけようとしながらチャートを見ていても

ろくなエントリーポイントしか

拾えなくて痛い目を見てきたわけだ

 

 

 

データとして出したわけでは無いが

往々にしてチャート開いて

ものの数分で『あ、これイケるw』

と思ったエントリーは

かなり勝率が高いように感じる

 

 

 

逆にパッと見て

行けそうだと思わないものは

すぐに切り替える

 

 

 

もちろん数分後に見たら

良い形になっている場合もある

(しまった、もうちょい見ておけば良かったな)

と思う時もあるが(笑)

基本、その時の感覚というか

インスピレーションというか

そういうもので判断している

 

 

 

所詮、丁か半の二択しかないわけだから

思い悩んだ所で結果が大きく変わる事など

ないのである

 

 

 

思った方に賭けて

違ったら切る

これの繰り返しなだけなわけで

 

 

 

 

チャンスは見つけようとするんではなく

目に飛び込んでくるもんだと思えばいい

 

 

 

 

目に飛び込んでくるまでは

どちらかにバイアスかけずに

ボケーッとチャートを眺めてればいいのだ

 

 

 

それをなんとかエントリーしよう

どっか入れる所ないか

ってやってるから

要らんトレードが増え

いつもバイアスのかかった

視点でしかチャートを見る事が出来ず

お粗末なトレードしかできないのだと思う

 

 

 

一回、チャンスが目に飛び込んでくるまで

待ってみ?

見つけようするんじゃなくてさ

 

 

 

そしたら、なんだこういう事かって

分かると思うよ

 

 

 

僕の経験則から言うと

大抵は自分が入りたいなと思った所よりも

その後の方が数倍分かりやすく

簡単な場面が来ることの方が多い

 

 

 

いつもエントリーが早いんだよなとか

後から見るとココで入れば良かったな

っていうのが多い人は

意識的に待つことを覚えた方がいいと

思います

 

 

 

置いていかれたら嫌だとか

思ってる、そこのあなたw

大丈夫

安心してください

 

 

 

あなたの思い通りに

動きませんから(笑)

そもそも、思い通りに動いていたら

負けは無いわけなんで

 

 

 

なので、よし!

では、待ってやろうじゃないのと

待てば

それは、当然のごとく

さっき入っとけば良かった〜っと

なるのですwww

 

 

 

待てば置いていかれ

待たずに入れば天底掴む

そういうものだと諦めたらいいのです

 

 

 

これをね上手くやろうとしたって

それは無駄だから

 

 

 

 

そういう事が分かって来ると

ルール決めて、淡々とやっていくしか

ないんだわってなって来る

 

 

 

勝ってる人と負けてる人との差なんて

結局はこの辺なだけの気がするなぁ

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 〜FXで勝つ為の思考・其の3〜

  2. 投資≒ギャンブルです

  3. 環境認識について考えてみよう 最終章

  4. 物の捉え方次第で…

  5. FXで常勝トレーダーになるための考察③

  6. Envelopes

  7. 受け取るだけじゃなーんも変わらんばい!

  8. 敗者は○○さえ手に入れれば儲かると思っている!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。