FXの結果に差が出る3つの要因

こんにちは。

 

ROUTINE FX のHIROです。

 

 

今日は、環境が人に与える影響につてお話します。

 

あなたが、FXで目的を達成する為には

これから、どんな環境に身を置くべきかの

この記事が、何かのヒントになれば嬉しく思います。

 

朱に交われば赤くなるってホント?

 

「朱に交われば赤くなる」とは

 

人は関わる相手や環境によって、良くも悪くもなる

 

というたとえ。

 

このブログを訪れてくれているあなたは

今よりも良くなりたいと思って読んでますよね。

 

 

そうでない人は、別のブログを

参考にした方がいいかな~って思います。

 

 

じゃあ、今よりも良くなるためにはどうすればいいの?

 

 

古いことわざから解釈すると

 

 

 

すでにその道で成功を収めている人と時間を費やしたり

 

なりたい自分になれる環境(学校や道場など)に身を置く事が

 

なりたいあなたになる確立が高い

 

 

 

ということになります。

 

飛躍

 

 

 

例えば、

 

あなたの子どもが「一流の医者になりたい」

又は、あなたの子どもを一流の医者にさせたい

 

一流の医者になるという目的をかなえるために

親としてあなたができる事は、

子どものために環境を整える事です。

 

HIROの地元である名古屋在住ならば…

 

①東海中学又は、南山中学女子部に入学させる。

 または、南山小学校から南山中学に進学する。

 

 SEA科学教育研究会という塾に

 入塾する為の必要最低条件が

 上記の3校に在学している生徒に

 限られているからです!!

 

②SEA科学教育研究会に入る。

 

 この塾の合格実績を見ていただければ一目瞭然です。

 医学部への進学率が非常に高い塾です。

 

 カテゴリーが○○大学 ○人合格ではなく

 

 「国公立大医学部医学科」

  京大 ○人

  名大 ○人…

 

 「国公立第歯学部」

  京大 ○人

  名市大 ○人…

 

 となっているんです。 

 

 

③医学部に入る。

 

 名古屋ならば名大医学部に入学する事です

 

④医者になる。

 

 国家試験を受けて医者になります。

 ここでも、名古屋大学病院に入るのか

 町の個人病院に就職するのかによって

 到達点が変わってきますよね。

 

これが、名古屋近郊の小中学生を

一流の医者にする「確率が高い」ルート

だと考えられます。

注)一流の定義を世間一般に言われている

ネームバリューと想定した場合のルートです

 

 

 

同じように

 

競輪選手になるには、競輪学校に入る。

※これで実際リンリンは競輪選手になりました!

 

 

 

一流の演歌歌手になりたければ

北島ファミリーに入る。

 

一流の野球選手になりたければ

一流のチームやコーチにつく事です。

 

 

ハンカチ王子とマー君の実力差が生まれたのも環境

 

以前、スポーツドキュメントのような番組を見ていたら、

 

甲子園を沸かせた「ハンカチ王子」こと

北海道日本ハムファイターズの斎藤 佑樹 投手を取り上げていました。

 

SONY DSC

 

夏の甲子園決勝で、駒澤大学附属苫小牧高等学校の田中将大(マー君)に

投げ勝ったのが斎藤選手です。

 

大物ルーキーの2人の進路は注目の的でした。

2人ともプロ入りを切望されていましたが

 

斎藤投手は、早稲田大学に進学して

大学で4年間勉強と野球をするという選択をし、

マー君は高校卒業してプロへ進む道を表明しました。

 

 

当時、弱小チームだった「楽天ゴールデンイーグルス」が

交渉権を獲得し、マー君は顔色ひとつ変えず入団を決めたのです。

 

そして、名将「野村監督」との出会あい躍進しました!

 

 

その後の結果は、皆さんもご存じのとおりです。

 

1シーズン24連勝という輝かしい成績で

チームを日本一に導きました。

 

その年にギネスの記録をを引っ提げて

あの名門のヤンキースに移籍していきました。

 

 

 

一方の斎藤投手は、表明した通り

早稲田大学に進学し野球部に入部しました。

 

4年生でキャプテンを務め

早稲田大学をを東京六大学リーグ戦で

優勝に導くという輝かしい成績を残しました。

 

大学卒業後、鳴り物入りで

北海道日本ハムファイターズに入団!

プロ野球の世界に身を投じました。

 

 

斎藤投手自身も関係者も彼の活躍を期待していました。

 

 

しかし、思うような結果が出ず、成績は伸び悩み

更に、肩を故障して一軍登録抹消までされました。

 

斎藤投手がインタビューで

プロ野球とアマチュアの野球のレベルの差は

彼が想像していた以上にシビアだったと語っています。

 

「大学(アマチュア)の世界では、ストライクゾーンから

ボール2個分くらい外に投げても勝負できた(アウトが取れた)が、

プロの世界はボール1個分しかない。

このボール1個分の差が本当に大きいんです。」

 

斎藤投手のこの言葉が全てを物語っています。

 

 

たったボール1個分、わずか7センチ強の差が

成績に大きな影響を与えるんです。

 

1個分のプレッシャー以外にも、

 

プロの世界とアマチュアの世界は大きな差があります。

 

・設備

・首脳陣

・コーチ陣

・チームメイトの意識

・チーム内の競争

・マスコミの注目度

・ファンからの期待

・子どもたちに与える影響

・給料(年俸)が発生するか否か

・試合環境

・試合数

・練習の量と質

・生活の基盤

などなど

 

全てにおいての環境が全く違います。

 

 

この厳しい世界に高校を卒業し

若干18歳で身を投じたマー君

 

そして、大学に進学した斎藤投手も

 

高校卒業時点での二人の質力の差はほとんどなく

 

むしろ、斎藤投手は夏の甲子園優勝投手という点で

成績面では、マー君をしのいでいました。

 

そんな二人の数年後といえば、全ての面でマー君が

斎藤投手を凌駕しました。

 

そこまで大きな差が出た要因は何でしょうか

 

 

実力の差を広げた3つの要因

 

 

そんな二人の数年後の差は何で生まれたのでしょうか。

 

 

①あなたがどうなりたいかという「目的」

 

②目的を達成する為に最高な「環境」

 

③その環境の中で出会う「人」

 

 

“高い目的意識を持ち、どこに身を置き、誰に影響を受けたか”

 

が大きな差となって現れたとHIROは考えています。

 

 

初めはほんの小さな差だったのが、

彼らがそれぞれ身を置いた環境と時間が掛け算となって

大きな差となって表れたのです。

 

 

 成長

 

 

 

FXで結果を出したいあなたへ

 

あなたがFXを専業として生活していくとか

FXを副業としてお金を稼ごうと思っている人にも

マー君と斎藤投手の事例はとても参考になりますよね。

 

重要なのでもう一度繰り返します。

 

あなたを飛躍的に成長させる3要素は

 

① 目的

 

② 環境

 

③ 人

 

 

自分がその道で成功したいと思うならば、

この3つを揃えましょう。

 

 

 

FXをやる目的を明確にしましょう。

 

環境を整えましょう。

 

人と出会いましょう。

 

 

HIROもFXで果たしたい明確な目的を持っています。

 

トレードで結果を出している人の

オフ会へ積極的に参加しました。

そして、一緒の時間をたくさん過ごしました。

 

そこで、メンターや同じ志を持った仲間との出会いました。

ROUTINE FXのメンバーとも、そんな場で出会いました。

 

このブログを読んでくれている

 

あなた

 

もう、ROUTINE FXの仲間ですよ!!

 

 

「明日やろう」は馬鹿野郎

 

 

自分を成長させるためには、

少しの勇気と、少しの図々しさ!?が必要です。

 

 

HIROがメンターと知り合いつながったのは

 

勇気を出して送ったメッセージ

 

からでした。

 

 

 

人は人によって大きな影響を受け、成長し変化していきます。

 

 

成長し変化したいと願うなら、その環境に飛び込みましょう!

 

 

 

暴走族になりたければ、暴走族の集会に参加しましょう!

 

ヒルズ族になりたければ、ヒルズ族のパーティーにもぐりこみましょう!

 

FXで成功したければ、FXで成功している人と一緒に飲みましょう!?

 

 

 

 

 

最後にもう一度だけ言います!

 

 

少しの勇気と、少しの図々しさですよ!

 

ではでは

 

 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 環境認識在りきって何が在りきやねん

  2. 仲間作り始動!

  3. 今日のトレード kazu 11/16

  4. 世界禁煙デーを機に…

  5. ということで最後です^^

  6. 何故に、シンプルなのか?

  7. 無限の前に腕を振る

  8. 夏休み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。