第11回 RFXラジオ 『大事な事を話していこう』

RFXラジオ まとめて見たい人はこちら

 

少しづつですが風とかが涼しくなって来ました~
日中はまだ少し暑いですが、朝晩は過ごしやすくなりました。

 

さて、最近ではHIROさんが仕事の関係で東京に行くことが多くて
なかなか忙しくされていらっしゃったり、

 

僕の方も本業や次のビジネスに向けての準備だったりっていう所で
なかなか記事を書けていなかったのですけども…

 

これではあかんなぁということで二人が揃った短い時間で
久しぶりにラジオの方収録してみました。

 

勝ち組の思考?

先日、僕の記事「読者1000人越え?」に対して
コメントいただきまして…

 

まぁ、その内容が僕の言い方がキツイとか、勝ち組だから言えることなんだと
そのような指摘を受けまして

 

僕としましては言葉や意識、思考ってのはめちゃめちゃ重要で
勝ち組だからとか何とか言っちゃってる時点でそれは自分で自分を
負け組だと言ってるようなもので

 

それではなかなか現状を変えていけないだろうなと
思ったのですが…

 

その反面
もしかしたら僕の中にちょっと上から目線というか、
驕りというか、僕が発信する情報に対して
そのように感じてしまっているのだとしたら、それは発信している側の責任だなと。

 

僕は別に説教がしたいわけじゃなく
本当に人生を変える為のだったり、夢を叶える為だったり
そういったことのヒントというか、アドバイスができたらなぁと思っているだけなんだよね。

 

だってさ、人生の意味って…僕が思うに
楽しむ”為にあると思うんだよね。

 

誰も“苦しむ”為に生きていたくないと思うんだ。
だから楽しい人生を歩むための方法や思考を伝えれるなら
伝えるべきだと。

 

ここにRFXの根幹っていうのがあるんだよね。
みんなが楽しんでると自分まで楽しくなってくるからさ。

 

FXは方法や手段

FXはあくまでも手段に過ぎなくて
それをやること自体が目的なんじゃない。

 

目的は楽しい人生を送る事。

 

ここに尽きると思う。
で、そこを考えた時にもちろんこの世の中、お金はどうしても必要なんだよね。
有り余るほどお金は必要ではないけども、ある程度は絶対に必要。

 

お金を稼ぐ方法としては色々な方法があるんだけれども
その中でFXは時間効率やらなんやらと色んな要素を考えても
有効な手段の一つなんだと思うんだ。

 

だから、僕たちはFXを教えている。

 

けど、求められているものってその手段であるFXの勝ち方とか
そういうことなんだよ。
チャートの見方とか、相場観の養い方とか、テクニカル的な
何かしら正解みたいなものを求められている…

 

しかし、そこには正解なんてない。
なぜなら、目的じゃないから。

 

そこを間違えてしまっているから、方法や手段を学んでも
勝ち続けることができないでいると思う。

 

僕たちもいけなかった…
求められているものにフォーカスし過ぎてた。
それでも他の情報発信者よりはそうじゃないんだよ、もっと大事な事あるんだよ。
と言ってきたつもりだったんだけど。

 

いまいち、どう伝えていっていいか考えあぐねていたというか、
理解してしまえばシンプルな話ではあるんだけども、
なかなか色んな要素が絡んでいるのでどの視点で話したらいいのか、
どういったら伝わるのかってところが難しい。

 

ただ、こればかりは避けて通れない。
この大事な話は他の人で話してる人はほとんどいないからね。
単純に知識が無くて話せないのか、
真実を語ってしまうと自分が困るから話せないのか、

 

個々の理由はあるにせよ
僕らが話せるならば話せることは話していこうと。

 

というわけで、これからもRFXラジオでは
FXに限らず、会社でも人生においても本当に重要な事を話していこうと思いますので、
これを聴いて行動さえすれば単純に可能性が広がりますから、是非、聴いていって欲しいです。

 

 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 第5回 RFXラジオ 『FXはギャンブル?投資?』

  2. 第3回 RFXラジオ 『確率における裁量とは』

  3. 第6回 RFXラジオ 『FXはゲーム!とにかく楽しめ!!』

  4. 第13回 RFXラジオ 『検証の秘密』

  5. 第1回 RFXラジオ 『時間足の疑問』

  6. 第9回 RFXラジオ 『時間効率〜Time Is Money〜』

  7. 第7回 RFXラジオ 『行動力を高める方法』

  8. 第12回 RFXラジオ 『The Secret』

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。