モノの見方

同じチャートを見ていても

 

 

売り優勢と考える人もいれば、買い優勢と考える人もいます。

 

 

 

何故なんでしょうね?

 

 

 

人は出来事に対して、客観的にありのまま受け取るのではなく

自分特有のモノの見方、認知の仕方で

主観的・個人的な現実として印象づけてしまうのだそうです。

 

 

 

それによって人の見方というのは

十人十色。

 

 

 

同じチャートを見ていても

その人の主観的なモノの見方によって

違ってくるわけです。

 

 

 

「人は事実をそのまま受け取らず、思い込みの世界で生きている」

アルフレッド・アドラーという心理学者の言葉です。

Alfred_Adler_(1870-1937)_Austrian_psychiatrist

 

 

トレードではこの思い込みの世界から離れて

コモンセンス(共通感覚)を磨かなければいけないのかな?と思います。

 

 

コモンセンスを磨くには

他者の目で見、他者の耳で聞き、他者の心で感じること

 

 

 

トレードでいう他者とは、自分の持ってるポジションとは

反対売買している人ですね。

 

 

 

自分が買いを入れたかったら、売る人のことを考える

自分が売りを入れたかったら、買う人のことを考える

 

 

 

そうすることで自分の思い込みから離れて

思いがけない視点からの発見があるかもしれませんね( `ー´)ノ

 

応援してもらえると嬉しいです^^

FX初心者 ブログランキングへ




関連記事

  1. 本を読め!

  2. 中国の黄金王子の失敗から学ぶこと【動画あり】

  3. FXで常勝トレーダーになるための考察⑥

  4. 自分の都合で相場は動いてない

  5. Bollinger band

  6. 今日のトレード kazu 11/17

  7. FXで常勝トレーダになるための考察①

  8. インフルエンザ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。